一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今日は、アライブ誕生1周年の日です。(^−^)v
利用者さんを始め、スタッフ、ヘルパーの皆さん本当に有難うございました。m(__)m

ヘルパー派遣と言っても、その対象者は様々です。老人、身体障害者、知的障害者、精神障害者、児童・・・。
その中で、<アライブ>は障害児専門のヘルパー派遣事業者としてスタートしました。以前、私が某ヘルパー派遣事業所をやっていた時、いつも、それぞれの障害に応じた専門性の高いヘルパーさんの必要性を感じていました。
特に障害児は難しい・・・。まだまだ成長段階にあること、思春期においては体が急激に変化していくことも多い。
例えば、ADHDの障害を持つ子どものケア。子どもが悪い事をしたら、良い行動に置き換えて注意をして欲しい等。肢体不自由の子どもは、側湾防止の為のケアも望まれる。つまり、その障害の特性を良く理解した上で、さらにその子の特徴を踏まえ、臨機応変に対応することがヘルパーに求められる。

両親からのヘルパーさんに対する期待は大きい。そしてそれは当たり前のことだとも思う。う〜〜ん、難しい・・・。何故難しいのか??それは、ヘルパーさんや事業者側の問題だけでなく、それらを取り巻く社会的な環境にも問題があると私は思っている。
しかし、なんだかんだと言っていても仕方がない。それならば、せめて児童専門のヘルパー派遣事業所を作ろう!!と言うことで現在に至る訳でした。(^−^)v

そして、一年。忙しかったぁ〜〜!!ミーティングの最中に、突然頭が白くなり、自分が今何を喋っていたのか、次に何を話そうとしていたのかを忘れ「あれっ??」なんてことが一体何回あっただろうか??
1年間、走り抜けたといった感じです。(笑)
なので、2年目のアライブの目標は、地に足をしっかりとつけて一人ひとりの子ども達としっかりと向き合い、ゆっくりと歩んで行きたいと思っています。もちろん、ひだまりっこと一緒に。皆さん宜しくお願いします。(^−^)v
さち




  • -
  • 21:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
アライブ一周年、早いですね。
ぶるーむ代表としての言葉、感慨深く読みました。
この言葉をたくさんの人に伝えたいですね。
この一年だけではなく、ひだまり開設以来ずっと走り続けてきましたよね。その中でも最も”激動”の年でした。
代表はもちろんのこと、スタッフのみんなには本当に頭が下がります。

私も運営に携わるだけではなく、ヘルパーとして微力ながら子どものケアに入るようになり、ご家族とも接し、とても充実した一年でした。ケアに入りながら、これまであまり振り返ることのなかった幼い頃の娘(肢体不自由児)との生活や、様々な出来事が蘇ってきた一年でもありました。

代表の言葉にもあるように、子どもたちとじっくりと向きあって行きたいですね。ヘルパーとして1対1で子どもと接する時間はとても素敵な、贅沢な時と思います。
大袈裟なようですが、ケアを終える時はいつも「また来るね〜」と言いつつその場を立ち去りがたく、本当に大袈裟ですが「豊かな人生送ってね〜」とエールを贈りたい気持になるのです(^_^)v

代表の言葉にもあるように(あれ、またこのいい回し・笑)心も体も成長段階にある子ども達のケアには専門性が求められます。改めて子どもやお母様達、周りのスタッフから学ぶことがたくさんあります。
一人のヘルパーとして、時には障害児の親の立場から、子どもたちへの理解を深めていけたらと思います。

ひだまりっこ・ひだまり・アライブでみんなと楽しい時間をたくさん過ごせますように。これからよろしくお願いします。



  • オードリー
  • 2006/06/02 03:27
脱字発見!!
これからよろしくお願いします→これから”も”よろしくお願いします・・・でしたm(_ _)m
  • オードリー
  • 2006/06/02 08:20
本当に、全力疾走した一年でした・・・
でも、充実しているので息切れは、全くないですね(^^)
切磋琢磨し合える仲間と一緒だから、まだまだ〜走り続けられる。理想と現実の狭間に葛藤することも、多々あるけれども・・・今、やれることを精一杯やって、焦らず、一歩々着実に良い輪を広げてゆきたいものですね(^^)v

また一年、『感謝・感動・感心』を忘れず頑張りま〜す!!

 珍しく、真面目なコメントでしたね(笑)
  • Mercy
  • 2006/06/02 22:36
アライブ1周年 おめでとう〜〜
この一年早かったです。
今 ぶるーむの前 活動を始めてからのことを、色々と思い出していました。
助成金を頂いて活動してきたこと、本当に大変だった。子供のために始めたのに、いつしか子供より、活動の雑務に追われていたこと。
支援費になりディサービスを始めるにあたり、会員(その当時はそう呼んでいたような?)の方に、運営資金の件で助けて頂いたこと。その節は本当にありがとうございました。
大変だったことばかりを書いていますが、それ以上に良いことも沢山ありました。
子供の世界が広がったということ・・・・家族 先生 学校のお友達だけしか知らなかったわが息子、職員 ボランティア 違う学校の違う年齢のお友達 と遊んだりお話をしたり
彼にはとても楽しく 刺激がいっぱいあったと思います。
親離れが出来るようになった?(子離れができないかな?笑)
まだまだ あるのですが・・・・今日はこの辺で
アライブの1周年には直接 関係ないように思う方もいると思いますが、運営に携わってきたものとしては、切り離して考えることはできず、色々と書いてしまいました。
スタッフ 職員の皆さんには、これからも障害児の親としての注文を言ったりすることもあると思いますが、よろしくお願いします。
私は利用者の方とは、直接会うことはあまり無いと思うのですが、掲示板などを通じて、子供についても話ができたらいいかな? と 思っています。
悩みでも・補装具のことでも・些細のことでも・・・・色々と教えていただきたいと思います。

何を書きたいか わからなくなってきたのでこの辺でやめます(書くのが苦手なので、疲れました)

これからもよろしくお願いいたします。
  • 2006/06/03 01:00
↑に名前を入れ忘れてしまいました。
  • 珈琲
  • 2006/06/03 01:04
色々と思い出しますね。
沿革にもありますが、今の家を借りる前、遊ぶ会を始めたり、さちさん主催の勉強会に参加したり。いろんな方にお世話になりながら今に至り、信頼出来るスタッフもたくさん増えました。

並々ならぬ熱意と信念を持って始めたひだまり。珈琲さんの言うように、大変なことがたくさんありました。
Mercyさんの言うように、理想と現実のギャップに葛藤する日々。決してかっこいいこと、きれいなことばかりではなかったです。歩んできた日々、忘れられません。

ひだまりを始めた当初、自分たちの活動や理念を伝えたくて
通信やパンフレットをせっせと作り、たくさん印刷しては配っていたことが、懐かしく思い出されます。
今、このホームページを通して、私達スタッフの考えていることや日々の様子を、たちどころにたくさんの人に伝えられる。とても幸せなことと思います。書くことが好きなスタッフが意外に多いという発見もあり(笑)

アライブ一周年の話題から思い出話になってしまいました
あとはどなたか、まとめてくださいm(_ _)m

オードリー
  • オードリー
  • 2006/06/04 22:35





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

僕はスーパーマン


チャリティーコンサート“夢”
 テーマソング
 収録曲:「僕はスーパーマン」
 Vo:
 影山ヒロノブ
 遠藤正明
 きただにひろし
 詞/曲:のださちこ
 編曲:影山ヒロノブ

 ぶるーむHP内で販売中です!
 収益は法人活動に還元して
 行きたいと考えております。



Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Real
Real (JUGEMレビュー »)
きただにひろし

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 空つながりー
    かもめ
  • あめあめあめ…
    さち
  • i love misosiru (あいらぶ みそすぃーる)
    さち
  • 暑いからご飯の支度、いやになっちゃうわね
    かもめ
  • こんにちは!α(あるふぁ)です!
    おかあちゃん
  • 暑いからご飯の支度、いやになっちゃうわね
    おかあちゃん
  • こんにちは!α(あるふぁ)です!
    さち
  • バレンタインです
    kazoku
  • 続☆オレンジの野望
    ちず
  • 嬉しい発見

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM